SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み FOR SDGs

SDGsへの取り組み

01

カーボンニュートラルな
社会の実現に向けて

エコ配は、「ありがとうの精神で、お客様の大切な「心」と「心」をつなぎ、地球にやさしい物流社会の実現に貢献する」という企業理念のもと、持続可能でより良い社会を目指し、環境に配慮した様々な社会貢献活動を行って参ります。

13. 気候変動に
具体的な対策を

carbon neutral delivery

エコ配はCO2排出量
実質“ゼロ”の宅配便!

エコ配は、主たる配送手段に自転車を活用し、また配送手段に自動車を持たざるを得ないエリアについては、カーボン・オフセット・クレジットの購入により、温暖化ガスの排出枠を購入し、排出されるCO2の量を事実上ゼロとする、環境にやさしい宅配便サービスを提供しております。

エコ配 / 温室効果ガス排出量

2020年度

2021年度

2022年度

Scope 1

ガソリン

306.0 (t-CO2)

329.0 (t-CO2)

479.8 (t-CO2)

Scope 2

電気

352.5 (t-CO2)

298.3 (t-CO2)

294.4 (t-CO2)

Scope 3

外部委託先等

2,277.5 (t-CO2)

2,420.6 (t-CO2)

2,182.7 (t-CO2)

合計

2,936 (t-CO2)

3,048 (t-CO2)

2,957 (t-CO2)

2020年度

Scope 1

ガソリン

306.0 (t-CO2)

Scope 2

電気

352.5 (t-CO2)

Scope 3

外部委託先等

2,277.5 (t-CO2)

合計

2,936 (t-CO2)

2021年度

Scope 1

ガソリン

329.0 (t-CO2)

Scope 2

電気

298.3 (t-CO2)

Scope 3

外部委託先等

2,420.6 (t-CO2)

合計

3,048 (t-CO2)

2022年度

Scope 1

ガソリン

479.8 (t-CO2)

Scope 2

電気

294.4 (t-CO2)

Scope 3

外部委託先等

2,182.7 (t-CO2)

合計

2,957 (t-CO2)

エコ配CO2排出量 (2022年度)※1:宅配個数原単位 / 270.0 g ※2

業界平均CO2排出量:宅配個数原単位 / 1,180.5 g ※3

※1 対象範囲:株式会社エコ配、外部配送委託先 (幹線、パートナー等)
※2 算出方法:CO2総排出量 (Scope1・Scope2・Scope3の合計、単位:g) / 宅配便個数 (単位:個)
※3 算出方法:各宅配会社公表CO2総排出量から当社推計 (CO2総排出量=Scope1・Scope2・Scope3の合計)

CO2削減の考え方

業界平均
1,180.5 g

CO2排出量

(お荷物1個あたり)

さらに、
カーボンオフセットで
CO2排出量実質「0」に!

当社 270.0 g

当社は自転車等の活用とカーボンオフセットにより、CO2排出量をゼロにしています。
当社のサービスをお使いいただくことで、1個あたり1,180.5gを削減したことと同じ効果があります。

購入したカーボンオフセット
クレジット証書はこちら

02

住み続けられる
まちづくりを応援

エコ配は、コロナ禍において、「ただいま」「おかえり」っていいあえる安心・安定した社会の実現を目指した「シトラスリボンプロジェクト」の啓蒙活動に連携すべく、配送手段として利用しているリヤカー等に本プロジェクトの「ロゴステッカー」を貼り、PR活動を推進、賛同させていただいています。今後も社会状況の変化に応じて、住み続けられるまちづくりを応援します。

11. 住み続けられる
まちづくりを

03

ユニフォームは
未来のための新素材

エコ配のユニフォーム素材は、染色工程で水を全く使用しない新しい染色技術 ZERO AQUA®︎で作られています。
これにより、染色工程で大量の水を熱するために利用される化石燃料由来のエネルギーの使用量とCO2の排出量を削減でき、さらに環境危険因子を含むとされる廃水のリスクも排除しています。

13. 気候変動に
具体的な対策を

14. 海の豊かさを
守ろう

04

より良い職場環境と
福祉を

女性が働きやすいよう「職場生活と家庭生活の調和」に配慮した職場環境を見直した「女性就労支援モデル店舗」のオープンや、ペットボトル飲料のキャップ(蓋)を回収しワクチンに換える「エコキャップ普及プロジェクト」などの社会貢献活動を行って参りました。

3. すべての人に
健康と福祉を

5. ジェンダー平等を
実現しよう

次世代育成支援対策推進法ならびに女性活躍推進法に基づく行動計画